ないものはない!お買い物なら楽天市場

2019年11月18日

デス・ストランディング 評価

デス・ストランディングのAmazon評価を見てみた



現時点で星3.5くらい

トップレビュアー順に評価を並べると(デフォルト表示がそれ)低評価がかなり目立つけど、レビューが新しい順にならべると高評価が目立つ。

デスストは開始7時間目くらいまではつまらないというか、ほぼチュートリアルみたいなもんで自由にあれこれできないからね、しゃーない。面白くなるのはそれ以後という、今日日めずらしいスロースターターなじっくり腰を据えてやる系ゲームです。


●クリアしてみての評価というか個人的感想

面白さは65点くらい。ソーシャル・ストランド・システムという新しい要素をもったゲームとのことで、まあ目新しいかな、とは思ったけど小島監督の言うような「全く新しいゲーム」とは感じなかった。
未来に家庭用ゲームの歴史を振り返るときに、業界にインパクトを与えたゲームとしてメタルギアソリッドと小島監督の名前が上がるのは間違いないだろうけど、デス・ストランディングはそうはなりえないと思う。ゲーマーならやっておくべきゲームという感じもしない。

小島監督がホラーゲーム出すなら絶対買うけど(P.Tは衝撃的だった)、そうじゃないなら次回作は予約せず様子見かな。
posted by プーチン at 00:05| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする